イェンス・レーマン

「2007年にアンリがバルセロナに去った時は、強い怒りを覚えた。

『ああ、これでイングランドのサッカーは終わった』と思った者は私だけではないだろう。

彼の技術、スピード、得点力、そして効率が、プレミアリーグ全体の価値を高めていた。名声が高かったため、誰も彼を正しく攻撃しなかった。

技術的な点で評論するとすれば、かつての同僚たちが心に浮かぶ。

過大評価されている者もいる。そういう選手に『ボールが固い、太陽が眩しい、ピッチが乾燥している』とあだ名をつけた。うまくいかないときにはいつもそんな言い訳をするからね。

代表選手にも何名かいた。例えばトーマス・ブルダリッチだ。シュートはない、パスもない、ドリブルもないが、言い訳に関してはマスタークラスだったね。

長い間、素晴らしい選手たちと一緒にプレーできたことは幸運だった。オラフ・トーン、アンディ・ミュラー、ローター・マテウス。ただ、最終的に最も印象的だったのはアンリだったよ。

彼のスピードや、作り出すスペクタクルだけじゃない。その知性的なパーソナリティもだ。アーセナルにいたときのティエリ・アンリは、世界最高の選手だったよ」

なお、レーマンの自伝「The Madness is on the Pitch」は英国で11月14日発売である。