スペイン1部リーグの現役サッカー選手が、誘拐、暴行、強盗で逮捕されるというショッキングな事件が起きた。

スペイン当局に拘束されているのは、ビジャレアルに所属するポルトガル人DFルーベン・セメド(23歳)。

『Sky Sports』によれば、彼には殺人未遂の容疑もかけられているという。また『Record』では、犯行の様子も伝えている。

それによると、セメドは被害者に野球のバットで襲いかかった後、銃を頭に突きつけたうえで、指を切り落とすぞと脅迫したという。

被害者は複数の挫傷に足首骨折の怪我を負ったそう。もはやギャング映画のような話だ…。