ロシアW杯アフリカ3次予選・グループEを3位で終えたガーナ代表。残念ながら4大会連続のW杯出場は果たせなかった。

そんなガーナ代表の最新ユニフォームはホームキットが2017年11月、アウェイキットは2018年3月にリリースされているが、A代表ではこれまで実戦で使われていない。30日に日本代表とフレンドリーマッチを行うが、もしかしたらこの試合がNEWモデルの初使用となる可能性がある。

Ghana 2018 Puma Home

ガーナ代表 2018 Puma ユニフォーム

ガーナ代表といえば近年はホワイトがホームキットの定番カラーだったが、今回はレッド/イエローを採用している。胸のユニークなグラフィックが目を引くが、これはガーナ人の文化にインスパイアされて「音楽パルス」を表現している。

ガーナ代表 2018 Puma ユニフォーム

肩周りの可動域を大きく確保できるラグランスリーブ。袖から肩にかけての眩いイエローが印象的な配色だ。

ガーナ代表 2018 Puma ユニフォーム

ガーナ代表といえば“ブラックスター”だ。チームの愛称でもある黒い星は、イギリス領植民地からのガーナ独立を果たしたクワメ・ンクルマ初代大統領を表わす。また「自由の象徴」という意味もあり、国旗や国章に描かれている。