「2005年のレッジーナ戦の前のことは忘れられない。試合前のウォームアップで、私はパニック発作に襲われた。

とても強い発作だった。それまでよりも遥かに強かった。

誰も気づいている者はいなかった。そして、あの時私は殊更孤独であるように感じていた。

心臓はバクバクだ。呼吸はどんどん苦しくなる。死ぬんじゃないかと思った。

しかし、私はピッチの上に残った。数分後、フランチェスコ・コッツァ(当時のレッジーナの司令塔)のシュートをセーブした。

スコアはまだ0-0だった。0-0のままで保てた。そして最後には1-0で勝つことができた。

それが自分にとって大きな衝撃になった。まるで電気ショック療法のように。

私は誇りや仕事への愛、自己肯定感を掘り起こせた。だから、諦めないことに決めた。

5日後、私は自分に言ったんだ。

『簡単な道を歩むなら、ピッチに入らなければいい。しかし、それはいつだってできる』と」

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など