Aリーグのメルボルン・ヴィクトリーは6日、日本代表MF本田圭佑と契約を結んだことを発表した。

先日のロシアワールドカップにおいて、3大会連続となるゴールを決めた本田。

大会前にメキシコのパチューカとの契約が終了していたため今後が注目されていたが、新天地がついに決まった。

本田も自身のTwitterアカウントでオーストラリアでプレーすることを報告。

メルボルン・VはAリーグ優勝4回を誇り、昨シーズンの王者でもある強豪。

本田は2018-19シーズンのマーキープレーヤー(※サラリーキャップの枠外で各クラブが1名契約できる選手)として同クラブに加入する。