『Bild』は26日、「イングランド・プレミアリーグのリヴァプールは、元水泳世界王者が開発した特別な飲み物を使用している」と報じた。

今季プレミアリーグでは開幕から6試合を全勝しており、チャンピオンズリーグでも強豪PSGを破っているリヴァプール。

1990年以来優勝から遠ざかっているチームであるが、今季こそ頂点を狙えるとファンも興奮している状況だ。

ユルゲン・クロップ監督が使っているシステムは非常に強度の高いプレーが求められ、消耗も激しい。しかし今季は違っている様子。

その秘訣と言えるのが、なんと「特別な飲み物」であるという。しかもそれは、かつての世界王者である元水泳選手マルク・ヴァルネツケが開発したものだそう。

マルク・ヴァルネツケは1970年生まれのドイツ人で、2005年の世界水泳選手権で50m平泳ぎを制覇した経験を持つ。1971年以降最も高齢の世界王者となった選手だ。

マルク・ヴァルネツケ

怪我で長期間苦しんでいたことからトレーニング方法や新しいサプリメントを開発し、彼は現在それを使ってのビジネスを行っている。

そして彼はリヴァプールの栄養士モナ・ネンマーと緊密な協力を行っており、シトラスとオレンジのフレーバーが入った「秘密の飲み物」を導入したという。

これは運動後の回復を大幅に加速させることができるものであり、ドーピングにも問題がないとのこと。

ヴァルネツケは水泳で活動をしてきた人物であるが、ネンマーの誘いでサッカーの事業に参加。それによってリヴァプールは大きな利益を得られているようだ。