『Tuttosport』による「ゴールデンボーイ賞」の2018年度ノミネート選手40人が発表された。

ヨーロッパでプレーする21歳以下の若手のなかで、今年最も印象的な活躍をみせた選手に贈られる賞だ。

堂安律も候補に入ったが、『Transfermarkt』で40人の市場価値を調べてみた。

40位 ジョヴァネ・カブラウ(スポルティング・リスボン) 27.5万ユーロ(3610万円)

39位 ジョタ(ベンフィカ)45万€(5908万円)

38位 エヴァンデル(ミッテュラン) 90万€(1.1億円)

34位 ユスティン・バイロウ(フェイエノールト) 100万€(1.3億円)

34位 デヤン・ヨヴェリッチ(ツルヴェナ・ズヴェズダ) 100万€(1.3億円)

34位 ジュレ・ケイタ(ディジョン) 100万€(1.3億円)

34位 ニコロ・ザニオーロ (ローマ) 100万€(1.3億円)

33位 ムサ・ディアビ(PSG) 150万€(1.9億円)

ムサ・ディアビ

30位 ムサ・ジェネポ(スタンダール・リエージュ)200万€(2.6億円)

30位 ジョアン・フェリクス(ベンフィカ)200万€(2.6億円)

30位 マヌ・ガルシア(トゥールーズ)200万€(2.6億円)