ワールドカップでの活躍もあり、レアル・マドリーへと移籍したベルギー代表GKティボー・クルトワ。

彼が思う世界最高の守護神は一体誰なのか。『as』によれば、この3人の名前を挙げたそう。

ティボー・クルトワ(レアル・マドリーGK)

「テア・シュテーゲン、アリソン、オブラク」

「彼らは全員偉大なGKだ。でも、誰が最高なのかは分からない。

1人を選ぶことはできなかったよ。

その時々(の調子やパフォーマンス)やDFライン、そしてチーム全体にもよるからね。

自分も高いレベルにあることはすでに証明済みだと思う」

バルセロナのドイツ代表マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、リヴァプールのブラジル代表アリソン、そしてかつての古巣であるアトレティコ・マドリーのスロベニア代表ヤン・オブラクの3人。

自分自身は含めなかったようだが、自信家だけにハイレベルにあるとは豪語していたようだ。