「2018プレナスなでしこリーグ2部」を2位で終えたニッパツ横浜FCシーガルズ。

今月行われる「2018プレナスなでしこリーグ1部・2部入替戦」でクラブ史上初となる1部昇格を目指しているが、そんなチームを牽引しているのが、今季から中学・高校時代に所属した古巣へ復帰したFW大滝麻未だ。

大滝麻未

今季のなでしこリーグ2部得点女王に輝いた元日本代表は、フランスでも長くプレーしてきた。

そんな大滝に、国際目線の視点でなでしこリーグを振り返ってもらいながら、直前に迫った入替戦への意気込みを聞いた!(取材日2018年11月30日)

後半のゴール量産で得点王に

――まずはチームとして、なでしこリーグ2部で2位となっての入替戦の出場権獲得。この結果についてはどのように捉えていますか?

大滝麻未(以下省略):最低限やらなければいけないことはできたかな、という思いです。

結果的に勝点では(1部自動昇格の)1位・伊賀フットボールクラブくノ一さんとは大きく離れてしまいました。そこ(1位)を狙っていけるチームだと思っていたからこそ、1番良い結果ではなかったと思います。

その上で、最低限やらなければいけないことを、チームとしてできた結果が2位だったので良かったと思っています。