バルセロナで苦しむブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョは退団説も囁かれている。

ここでは、『sportskeeda』による「もし退団した場合、代役になりうる5人の候補」を見てみよう。

【関連記事】「バルセロナ、スアレスの後釜に欲しい4人の秀英FW」

ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)

ラヒーム・スターリング

今季のスターリングは世界最高の選手のひとりとなっており、シティで大暴れしている。もし補強できれば、チームのレベルを引き上げることができうる。

バルサのシステムにもすんなりフィットするはずで、左ウィングとしてメッシとスアレスと共存可能。

ポジショニングが向上したことで、確かな得点力も兼ね備えるようになった彼は、バルサの攻撃陣が渇望しているスピードももたらす存在だ。

当然安くはないが、その価値を考えれば間違った投資にはならないだろう。