シーズン大詰めを迎えている欧州フットボールシーン。

トルコでは長友佑都のガラタサライが1節を残して2連覇を達成した。第33節で2位イスタンブルBBとの頂上決戦に2-1で逆転勝ちし、優勝を決めたのだ。

今季はアデバヨールやロビーニョを擁するイスタンブルBBが首位を快走。ガラタサライは勝点差8ポイントをつけられることもあったが、怒濤の追い上げで逆転優勝した。

この日もフル出場した長友はソフィアヌ・フェグリらとトロフィー獲得をお祝い。

【関連記事】これが連覇の極意?川崎フロンターレの「高卒・大卒選手」獲得戦略が面白い

ガラタサライはこれで国内カップとの2冠を達成。来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権も手にしている。