アルゼンチン代表での悲願のタイトル獲得を目指し、コパ・アメリカ2019に参戦したリオネル・メッシ。

しかし準決勝で宿敵ブラジル代表に敗れて優勝を逃すと、3位決定戦のチリ戦ではプロキャリア2度目となる一発レッドを提示されて大会を終えることとなった。

またしても後味の悪い結末となってしまったが、退場の前に記録したアシストは素晴らしかったぞ(動画10秒から)。

早いリスタートから完璧なスルーパス!これに誰より早く反応したセルヒオ・アグエロがGKをかわして先制ゴールを決めた。

メッシとアグエロは親友として知られる一方、ピッチの上ではあまり息が合わず。今大会もメッシ1ゴール、アグエロ2ゴールという物足りない成績に終わっている。

そのためこれだけの選手でありながら両者とも“不要論”が叫ばれる状況にあるが、このゴールが何かを変えるきっかけとなるだろうか。

【関連記事】メッシを外して中心にすべき、アルゼンチン代表5名のタレント


なお、退場となったメッシには2年の出場停止という報道も…。一方それを免れた場合、出場停止は南米予選ではなく来年も開催されるコパ・アメリカに適用される見込みとのこと。