ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントとキットサプライヤーのPumaは12日、2019-20シーズンに向けた新アウェイユニフォームを発表した。

近年はダークカラーが定着しているアウェイキットだが、今回もブラックを基調にとシルバーで構成。この2色はホームタウンの産業の歴史を表現している。

Borussia Dortmund 2019-20 Puma Away

ボルシア・ドルトムント 2019-20 Puma ユニフォーム

ブラックとシルバーで彩ったダークカラーのNEWアウェイキット。今回のデザインは、ホームタウンのドルトムントが繁栄を遂げる礎となった鉄鋼業界の歴史にインスパイアされたもの。前面のメタリックなグラフィックが、見る者にインパクトを与える。

ボルシア・ドルトムント 2019-20 Puma ユニフォーム

首元から袖にかけてのライン、メーカーロゴ、スポンサーロゴはシルバーで統一。背面はシンプルにブラック一色となる。

ボルシア・ドルトムント 2019-20 Puma ユニフォーム

パンツはシンプルにブラック一色のデザイン。ソックスはブラックとシルバーのボーダー柄を採用し、前面は右足に「19」、左足に「09」を入れて、両足を合わせてクラブ創設年となる。

ボルシア・ドルトムント 2019-20 Puma ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じで、かなり格好良い。このアウェイキットは7月のプレシーズンマッチから着用を開始している。