プレミアリーグで連覇を成し遂げたマンチェスター・シティが来日する。

この夏はスペイン代表MFロドリを獲得しているが、プレミアリーグの移籍市場がクローズされるのは8月8日。もう2週間あまりしかない。

ここでは、『sportskeeda』による「市場が閉まる前にシティが放出すべき選手たち」を見てみよう。

アンヘリーノ

アンヘリーノ

これはサプライズ。彼はオランダで成長を遂げた後、シティが買戻し条項を行使して連れ戻したばかりの左サイドバックだ。

ただ、左SBはオレクサンドル・ジンチェンコが定位置を確保しつつあり、才能豊かなバンジャマン・メンディももうすぐ戻ってくる。

よって、22歳のアンヘリーノが理想的なプレータイムを得られないであろうことは確かだ。

怪我がちのメンディの問題はあるが、アンヘリーノはここまでのプレシーズンで印象付けることができていない。

元シティDFアンディ・ヒンチクリフなどは「彼は本当にひどかった。メンディとジンチェンコに割って入るのは不可能だ」とまで言った。

グアルディオラのシステムで要求されるインテンシティのレベルがどれほど大変か、そして、うまくフィットするまでにいくらかの時間がかかるかもしれないという事実を考慮すれば、彼をイングランドのクラブにローンさせるというのが現実的かもしれない。