マンチェスター・シティのプレミアリーグ3連覇が厳しくなってきた。

ウォルヴァーハンプトンとの第19節に3-2で逆転負けを喫してしまったのだ。

前半12分に守護神エデルソンが一発退場になるも2点を先取。だが、そこから3点を奪い返されてしまった。エデルソンが一発レッドカードになったのはこのシーンだ。

ロングパス一発で裏をとられたシティ。決死の飛び出しを見せたエデルソンはディオゴ・ジョタとボックス外で接触…。エデルソンは接触を回避しようとはしていたが、下された判定は一発レッドだった。

試合後のグアルディオラ監督は「10人対11人で80分間戦うのは非常に厳しく大変だ。結果を守れなかった」とコメント。

また、首位リヴァプールとの勝点差14ポイントについては、「我々にとって本当に悪い状況だ。タイトル獲得が非常に難しいことは分かっている。不可能とは言わないが、非常に難しい」とこぼしていた。