福島のJヴィレッジで昨年11月に開催された、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2019(以下、地域CL)の決勝ラウンド。

1次ラウンドを勝ち抜いた全国の強豪4チームによる総当たり戦は、いわきFCと高知ユナイテッドSCが1位2位となり、2020シーズンのJFL昇格を決めた。

ついにJリーグのすぐ下のディビジョンへ到達したいわきFC。『スポーツを通じて、いわき市を東北一の都市にする』というミッションを掲げる彼らに大きな注目が集まっている。

地域CL優勝に大きく貢献した選手の一人が、2019シーズンに加入したバスケス・バイロン。決勝ラウンドでは初戦の高知戦で試合を決定づける3点目を決めた。

昨年1月、全国制覇を成し遂げた青森山田高校では、切れ味鋭いドリブルで優勝に大きく貢献。そんな彼が卒業後の進路として選択したのが、いわきFCへの加入だった。

バスケス・バイロン

サカつくプレゼンツとして送る「リアルサカつくチーム」紹介企画。

いわきFC編の第2弾では、チリ出身の19歳に昨年秋に行ったインタビューを振り返る。

(取材日:2019年8月28日)

――まず率直に、高校卒業後にいわきFCを選んだ一番の理由は何でしたか?

環境や施設です。日本の中でもトップクラスの施設で最新のトレーニング設備が整っています。食事面もそうですし、日本にはなかなかないクラブだと思いました。

――加入から半年以上が経って、自分の中ではどのあたりが変わってきたと感じますか?

一番変わったのは体の大きさですね。あとサッカーでいえば、スピードが少しつきました。相手がボールを奪いにきたときに当たり負けしない体になってきたところは一番変わったと感じます。