2019シーズンの明治安田生命J2リーグを優勝し、わずか1年でJ1復帰を果たした柏レイソル。

2年ぶりのJ1を戦う2020年のユニフォームは2019年モデルを継続使用するが、新スポンサーが発表となった。シャツのデザインは「原点回帰」といえるもので、J1昇格シーズンにリーグ優勝した2011年モデルを思わせる。

Kashiwa Reysol 2020 Yonex Home

伝統のイエローとブラックで彩る2019-20モデル。袖部分には、濃淡をつけた2色の糸を織り交ぜた杢調素材を採用。濃淡2色の糸で「チームとサポーター」を表し、一丸となって戦う様を表現している。

各部のスポンサーは、胸が「HITACHI」、右鎖骨は「三協フロンティア」、背中上は「Aflac(アフラック生命保険)」、背中下は新たに「日立ビルシステム」が登場。また、画像は無いがパンツは「LAWSON」で継続する。左袖は社会貢献活動の一環で「Save the Children」のロゴマークを掲出する。

アウェイユニフォームも継続使用。ホワイトを基調とし、袖部分にはホームと同様に杢調素材を採用する。