伏兵たちの革命前夜

EURO2016に臨むイングランド代表についてコラムを寄稿して以来、実に4年ぶりに私は筆を進めている。

現在も続くCOVID-19パンデミック、長き中断期間を経ていよいよ本日17日、英プレミアリーグが正式再開を果たす訳だが、ここからの未来は正に暗中模索の日々となるであろう。

リスボンでの集中開催も囁かれるヨーロッパコンペティションとの兼ね合いも含めた、未曾有の過密日程の幕開け。この“超総力戦”必至の2019-20シーズン終盤戦を勝ち抜くためには、ベンチメンバーは勿論、これまではそこに漏れてきたプレーヤーまでもが、メインキャストとしてピッチで戦うことを意味する(※FAは残り試合におけるベンチ入りメンバーを9名、交代枠5名への拡張を決定)。

そして、とりわけスカッドの拮抗したプレミアにおいて、その部分が大きな違いとなるであろう事は想像に容易い。

今回はその救世主となるべく“Xファクター”候補を、Xにちなみ10クラブから1人ずつご紹介する。

今日現在のリーグテーブルで、トップ2を除外した3位から12位までのクラブ。例に漏れず、全てが来季の欧州行きを勝ち取れる可能性のあるグループである。

ケレチ・イヘアナチョ

レスター・シティ所属

ケレチ・イヘアナチョ

ガブリエル・ジェズスがマンチェスター・シティにやって来るまで、間違いなくこの男はスーパースター候補生の先頭集団にいた。

しなやかな身体使いと、パンチのあるショット、多彩なゴールパターン(今季は左右両足と頭で3得点)に加えて、ストライカーとしての嗅覚も抜群。

得点ランク首位のジェイミー・ヴァーディは33歳であり、タフな絶対エースもベンチに座る時間は増えるだろう。怪我により開花を遅らされてきたその才能を、今こそ爆発させるべき実力者である。