偽造パスポートでパラグアイに入国したとして逮捕されてしまったロナウジーニョ。囚人たちと一緒にプレーしたこんな映像も話題になった。

さすがのタッチ!だが、何とも悲しい光景にも見える…。

【関連記事】なぜ??サッカー史上に残る、背番号「10」に違和感があった5名

ロナウジーニョは兄アシスとともにパラグアイの首都アスンシオンにある高級ホテルで自宅軟禁されている。

『ESPN』によれば、パラグアイの検察当局はロナウジーニョとの司法取引を議論するつもりだそう。

新型コロナウイルスの影響でこの訴訟も遅滞が続いており、ロナウジーニョは司法取引を提供されうるとのこと。弁護団も司法取引と8月初旬の保釈について検討しているという。

この司法取引には、偽造パスポートの罪を認めることや、さらなる罰金の支払い、裁判所への毎月の報告が含まれている可能性があるようだ。

ロナウジーニョは環境犯罪の疑いでパスポートを押収されたものの、2019年9月には返却されていたという。そのため、なぜ偽造パスポートでパラグアイに入国したのかは不明。

弁護団は今月初旬の保釈に向けて取り組んでおり、ロナウジーニョもそれを辛抱強く待っていたという。この事件では2人の他にも18人が逮捕されているが、もし有罪だった場合には最長5年の懲役を受ける可能性がある。