酒井宏樹と長友佑都が所属するマルセイユはPSGとの宿敵バトルに0-1で勝利した。

敵地パルク・デ・プランスでの金星を勝ちとり、宿敵から実に9年ぶりとなる勝点3をもぎ取ってみせた。

『Marca』によれば、マルセイユのアンドレ・ヴィラス=ボアス監督は試合後にこんな発言をしていたとか。

アンドレ・ヴィラス=ボアス(マルセイユ監督)

「彼らは10年間もフランスを支配してきた。だが、10億ユーロ(1254億円)以上のコストをかけている。

PSGがチャンピオンズリーグのトロフィーを待ち望んでいるのは確かだ。

15億ユーロ(1881億円)を投資して、CL優勝ができないなんてありえない。

ここにいた(カルロ・)アンチェロッティは今はエヴァートンにいる。(ウナイ・)エメリも今はビジャレアルだ。CL(優勝)を待つのは難しい…」

ただ、辛辣な言葉というよりも、同情混じりの発言だったとも。トーマス・トゥヘル監督にかかっているCL優勝のプレッシャーは相当なものだと述べていたようだ。

そのPSG対マルセイユ戦で勃発した乱闘シーンがこちら。

この投稿をInstagramで見る
#Ligue1Eleven
ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿 -

ネイマールを含めて5人が退場…。

【関連記事】「CL優勝が一度もないのに驚く現役スター選手TOP10」

まさかの開幕2連敗となったPSGは次節メスと対戦、連勝のマルセイユはサンテティエンヌと対戦する。