セリエA第4節としてサン・シーロで行われたインテル対ミランのミラノデルビー。ズラタン・イブラヒモヴィッチが2ゴールを決めたミランが1-2で勝利している。

新型コロナウイルスから戻ってきたイブラは90分間フル出場。

『Guardian』によれば、ステーファノ・ピオーリ監督は「イブラはとても疲れており、交代を要求してきた。だが、私はそれを聞かずに、彼を最後までピッチに残した。彼は全てにおいてチャンピオンであり、常に勝利を求めるプロ中のプロだ。彼のチームへの貢献は非常に重要だね」と述べていたそう。

そのイブラが相手DFアレクサンダル・コラロフに倒されてPKを奪取した場面では彼の絶叫がスタジアムに響き渡った(以下動画27秒~)。

後方から足首付近を蹴られたイブラは「あぁあ!」と絶叫。そのPKは一旦は止められたものの、自らこぼれ球を押し込んでいる。

開幕4連勝でセリエA首位に立ったミラン。来週はセルティックとのELも控えている。