2020年のFIFA FIFPro Men’s World11にノミネートされたアトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラク(選出されたのはリヴァプールGKアリソン)。

世界最高の守護神のひとりである彼がfifa.comのインタビューで面白い話をしていた。

ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリーGK)

「(お気に入りのスーパーセーブはある?)

僕は特定のセーブに固執する人間ではないよ。ひとつひとつが大事さ、ゴールを阻止したんだからね(笑)。

それに、簡単そうに見えても、写真写りのいい渾身セーブよりも難しいものも結構あるんだ。それはポジショニングと関係している」

「(あなたが持つ最も重要なGKスキルは?)

ポジショニングは最も大事なもののひとつさ。

常に正しい場所にいたり、いようとすれば、仕事は楽になるし、やることも少なくなる。

各チームはそれぞれやり方は違うし、それぞれの監督がGKにある特定のことを求める。最終的には監督の求めることをやる。

足元でプレーしろと言われれば、それをやる。ロングボールを前線に蹴り込めと言われれば、そうする。

でも、僕の素質のなかで最高のひとつはポジショニングだね」

自分が優れているのはポジショニングだと自負しているようだ。

【写真】 世界的GKなのに「背番号1」を着けたことがない7人の守護神

また、「自分は予測が得意なので試合中にかなり喋る。チームメイトたちを助けたいんだ。味方が気付いていなかったり、見えていないギャップ(スペース)が自分には見えることもある」とも述べており、コーチングも重要視しているとか。

そんなオブラクは父もGK(プロではない)だったそうで、本人はバスケやテニスをするのも好きだそう。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら