将来的にバルセロナの監督になると噂されているチャビ・エルナンデス。

現在率いているカタールのアル・サッドには、スペイン人MFサンティ・カソルラが所属している。『RAC1』によれば、カソルラはこんな話を明かしていたそう。

サンティ・カソルラ(アル・サッドMF)

「チャビはバルサの監督になる準備ができている。あのクラブのことが完璧に分かっているよ。

テクニカルな能力については、完全に準備が整っている」

「パウ・トーレスは強烈な選手だと思う。チャビは彼のことを僕に何度も聞いてくるんだ。

若いし、強烈な選手だと思うね。すごいパーソナリティも持っている。

彼はバルサなスタイルの持ち主だ。ボール扱いはとてもいいし、ゲームビジョンも卓越している」

パウ・トーレスがビジャレアルに所属する24歳のスペイン代表DF。チャビは彼と昨年までチームメイトだったカソルラから情報を仕入れているようだ。

【動画】バルサ移籍?パウ・トーレスと久保建英の仲良しシーン

パウ・トーレスは191cmと大柄ながら、左足も評価されている。左利きのCBはバルサにとって欲しい人材のはずだが…。