かつてマンチェスター・ユナイテッドの下部組織で「天才アタッカー」として名を馳せ、才能を高く評価されたラヴェル・モリソン。

リオ・ファーディナンドには「130億円の男になれたのに…」と才能を高く評価されたものの、先輩のスパイクを盗み出すなど多くのトラブルを起こし、2012年にウェストハムへと移籍していった。

その後は国内外の様々なクラブを渡り歩くジャーニーマンとなったがどこでも結果を残せず、今季もADOデンハーグとの契約を途中で解除して無所属となっている。

【動画】往年の天才テクニシャン、ラヴェル・モリソンのプレー

彼は2019年に自身がアーセナルのサポーターであったことを明かしていたが、その際には「今思えば素晴らしい日々ではなかった」と語っていた。

ところが今回YouTubeの『Stretford Paddock』に出演したモリソンは以下のように話したという。

ラヴェル・モリソン

「マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグで2位になり、アーセナルが優勝してくれることを望んでいるよ。

常に僕はマンチェスター・ユナイテッドに感謝を抱いているが、間違いなくアーセナルに優勝してほしいと思っている」

ユナイテッドの2位は叶いそうであるが、今季アーセナルの優勝はまず不可能であろう…。