ラサナ・ディアラ

ラサナ・ディアラ

アーセナル:2007~2008冬 (12試合0ゴール)

レアル・マドリー:2009~2012 (116試合1ゴール)

ル・アーヴルからチェルシーへ引き抜かれ、その後レアル・マドリーにまで栄転したフランス代表MF。

アーセナルでは失意を味わったが、ポーツマスで大復活して、レアルに引き抜かれた。レアルでは他に空き番号がなかったために、背番号10を背負ったことも話題に。