ついに開幕を迎えたEURO2020でショッキングなアクシデントが起きた。

グループBのデンマーク対フィンランド戦でクリスティアン・エリクセンが突如昏倒。その場で心肺蘇生を受けた彼は意識を取り戻し、現在は安定した状態にあると発表されている。

トッテナムで彼を指導したジョゼ・モウリーニョ監督もショックを受けていたようだ。『talkSPORT』のインタビューでこう明かしていた。

ジョゼ・モウリーニョ(現ローマ監督)

「今日も昨日起きたことを考えてしまう。悲しい日ではなく祝う日だと思う。

サッカーは組織、プロトコル、医師と専門家のレベルがある方向へと進むことができた。

あの瞬間、神もサッカーを見ていたと私は信じている。

全てが一緒になり、クリスティアンと我々、家族をともにいさせてくれた、生かしてくれた。

(命は)サッカーよりもはるかに大事なことだったが、それと同時にサッカーのよき価値も示したと信じている。

愛情、結束、ファミリーとしての精神。彼の家族だけでなく、サッカー界全体が家族だった。サッカーは人々を結びつける。

昨日、私は祈ったし、泣いた。だが、世界で何百万人もの人が同じことをした。

昨日、よくない理由でサッカーは人々を結びつけた。最終的にはクリスティアンが生きていることを祝うことができる。

彼とは話せなかったが、今朝にピエール・ホイビュア(トッテナムに所属するデンマーク代表MF)と話した。ピエールはクリスティアンについてとてもポジティブだったよ。

いい知らせだ。だから、祝う時だと思うね」

【動画】エリクセン、モウリーニョにインテル移籍を直訴した緊迫シーン

心臓発作を起こしたエリクセンを救った適切な処置、そして、サッカーによって人々が結びつく点を指摘しつつ、あえて祝う日だと述べていたようだ。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら