昨季チェルシーに移籍すると1年目でUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たしたドイツ代表カイ・ハヴァーツ。

ただ、プレミアリーグへの適応には苦しんだことを認めている。『Bild』のインタビューではこんな話をしていた。

カイ・ハヴァーツ(チェルシーMF)

「(君とティモ・ヴェルナーにとって、英国での2年目は楽になりそう?)

そう願うよ!(笑)僕らにとってあまりいいスタートではなかった。

この1年で僕らは不安がなくなり、ここのサッカー、生活、人々に慣れたよ。

パンデミックと困難な1年を過ごした後、物事がより楽になってくれればいいね。

(スタジアムに)ファンが戻ってきたことは素晴らしい。全く違うスピリットになれるし、僕がイングランドに移籍したかった大きな理由でもあるんだ」

「(1年経って、英国の食べ物になれた?)

もう少し時間がかかるかもね(爆笑)」

苦しんだものの、イングランドのサッカーや暮らしに順応できたというハヴァーツ。

【動画】左足だけじゃない!ハヴァーツ、仰天の右足神シュート

ただ、食べ物だけはまだ慣れないそう。