UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦で激突することになったレアル・マドリーとPSG。

『Marca』によれば、今季レアルからPSGに移籍したセルヒオ・ラモスは、古巣についてこう述べていたそう。

セルヒオ・ラモス

「ヴィニシウス・ジュニオールは有望だったけれど、今では現実のものになった。

彼とは話をしていたから嬉しいよ。

彼がキリアン・エムバペと一緒にプレーできるかは分からない。ただ、何が起きるかは誰にも分からないよ。

レアル・マドリーはとてもうまくいっている。守備もね」

「(エムバペはマドリッドにあるあなたのジムの顧客になる?)

それは嫌だね。

自分は最高の選手たちに囲まれていたいし、キリアンはPSGの現在と未来におけるキープレイヤーだ。

何が起きるかは分からないけれど、キリアンには我がチームにいて欲しい」

ラモスは自宅だけでなく、マドリッドにもジムを持っているそう。

【動画】エムバペ、愛するレアル戦で決めた唯一のゴール

エムバペには残留してもらいたいので、レアルに移籍して、そこの顧客になることは望んでいないとか。