近年のサッカー界で最強に君臨してきたリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウド。

異次元のプレーを見せ続けてきた2人は「宇宙人」とさえ呼ばれてきた。

そうしたなか、ディエゴ・マラドーナのフィトネスコーチを長年務め、2010年ワールドカップではアルゼンチン代表にも帯同したフェルナンド・シニョリーニ氏が面白い話をしている。

名物コーチとして知られる彼は『Diario Diez』のインタビューでこう述べていたのだ。

フェルナンド・シニョリーニ

「メッシを指導するのは、猫にネズミ捕りを教えるようなものさ。彼は別の惑星からやってきた」

「(ロナウドとの比較)

誰がこんな比較をするのか分からないが、一番は彼らを楽しむことだ。比較するのではなくね。

誰が一番好きかを言うことはできても、誰が最高かは言えない。

ロナウドはとてつもないアスリートであり、並外れたゴールスコアラーさ。だが、彼は地上のものだ。

レオはエイリアンであり、サッカーをプレーする芸術家。

彼がやることは唯一無二であり、永遠に記憶されるだろう。エキサイティングなことをやっているからね」

「レオは宇宙人だから、そのカテゴリー(人間界)には入らない。

人間のなかで、最も解釈に優れ、試合の秘訣を知っていたのは、間違いなくアンドレス・イニエスタだ。類稀なるフィジカルを持っていなかったにもかかわらずね。

サッカーはフィジカルよりも芸術の域に達するもの。

世界にイニエスタのような選手がもっといて欲しいね。

レオは世界最高であり、より決定力がある。だが、イニエスタのサッカーへの理解は別次元…。

地球人ではイニエスタが至高だ」

メッシはもはやエイリアンだが、人間界で最高なのはイニエスタだと絶賛!

【動画】ヒト科最強!イニエスタ、日本で見せてくれた「地上最高テク」

そのイニエスタは38歳になる今年もJリーグでプレーを続ける。今週から始まった新シーズンでもきっと魔法を見せてくれるはずだ。