来月には日本にやってくるPSG。

ルイス・カンポス氏を新たなディレクターとして招聘するなど体制変更を行っており、クリストフ・ガルティエ新監督の就任も近いとされている。

『L'Équipe』によれば、PSGは夏の移籍市場で大幅な人員整理を行うことを望んでおり、最大で10人が退団するかもしれないとか。

カンポス氏のブラックリストには、セルヒオ・リコ、ティーロ・ケーラー、アブドゥ・ディアロ、イドリサ・グエイ、レアンドロ・パレデス、アンデル・エレーラ、マウロ・イカルディ、アルノー・カリムエンドゥらが名を連ねているという。

【関連】PSGで育ったのに、若くして退団したスター7名

キリアン・エムバペとの契約を延長したPSGは、アルフォンス・アレオラとマルチン・ブウカを売却したほか、アンヘル・ディマリアが契約満了で退団。ネイマールも売却対象とされているが…。