キリアン・エムバペの獲得が実現しなかったレアル・マドリー。

ルカ・ヨヴィッチやギャレス・ベイルがチームを去ったが、カリム・ベンゼマの控えとなるFWはまだ獲得してない。

『Marca』によれば、レアルはヨヴィッチやマリアーノのように不発に終わるケースを増やしたくない考えがあるため、移籍市場での動きをためらっているという。マリアーノとボルハ・マジョラルの売却を優先する考えも変わっていないとのこと。

ベンゼマは34歳になったが、レアル首脳陣はあと2年はスタメンとして起用できると考えており、カルロ・アンチェロッティ監督も同じ考えだという。ガブリエウ・ジェズスの獲得が不可能になったが、指揮官は今のスカッドに満足しているという。

【関連】レアル・マドリーの「最高に奇妙な補強」ワースト6

レアルはEUパスポートを持つ若手FWを探していたが、適切な人材は見つからず。納得しないまま獲得しても、将来的にあらゆるレベルで大きな負担になりえることから、“待つ”ことを決めたとのこと。FW陣を補強するとしても、冬の市場になりそうだという。