現在、元ガールフレンドのケイト・グレヴィル、そしてその妹のエマ・グレヴィルに対する暴行の容疑で裁判を受けているライアン・ギグス。

『Mirror』によれば、その裁判の中で被害者側の弁護士クリス・ドー氏からの尋問を受け、以下のように答えていたとのこと。

ドー弁護士:あなたは不倫で有名ですが、その評判は正当なものですか?

ギグス:はい。

ドー弁護士:関係を持った女性には忠実でしたか?

ギグス:いいえ。

ドー弁護士:女性に惹かれたら、自制できますか?

ギグス:いいえ。

ドー弁護士:生まれつきの浮気者ですか?

ギグス:はい。

ドー弁護士:元妻や元彼女に不倫について嘘をついたことはありますか?

ギグス:はい。

ドー弁護士:何度も?

ギグス:はい。

ドー弁護士:身体的な暴行を加えたことは?

ギグス:決してありません。

ドー弁護士:女性に強要したことはありますか。

ギグス:いいえ。

ドー弁護士:ケイト・グレヴィルさんを奴隷のようにしましたか。

ギグス:いいえ。

ドー弁護士:警察とトラブルになったことは?

ギグス:ありません。

6年間交際していたケイト・グレヴィルに対して威圧的で支配的に行動したとして告発されているギグスであるが、それについては否認しているとのこと。

【写真】不倫でいろいろあったサッカー選手20選

なお、裁判についてはこのあとも続けられる予定となっている。