先月28日に肩を脱臼する負傷を負ったレアル・ソシエダの久保建英。

それ以降、試合欠場が続いており、ワールドカップに向けて状態が懸念されている。

ただ、『El Diario Vasco』によれば、久保は金曜のグループトレーニングに復帰し、全てのセッションをこなしたとのこと。

とはいえ、7日のバレンシア戦に起用できるということではないとも。イマノル監督も木曜の会見で負傷選手の復帰は期待していないと述べている。

【関連】日本代表、W杯を主力として戦った歴代最強若手メンバー

ソシエダのワールドカップ中断までの試合は残り3。ただ、久保は14日のコパ・デル・レイは代表合流のために欠場する。