20日に行われたカタール代表対ニュージーランド代表の親善試合は途中で打ち切りになった。

カタール選手からの人種差別があったとしてニュージーランドが試合を放棄したのだ。

ニュージーランド側はサモアにもルーツを持つDFマイケル・ボクソールに対する人種差別があったとしている。

だが、カタールサッカー協会はこれに反論。

ボクソールに対する人種差別的言動があったと指摘されたカタール代表ユースフ・アブドゥリサグはむしろ被害者だと訴えた。

「ユースフはニュージーランドのどの選手に対しても人種差別な言葉は使っていないことを強調した。それどころか、彼は実際には自分が人種差別的罵声を浴びたと強調している」などとの声明を出している。

【動画】どっちが人種差別をしたのか…カタールvsニュージーランド戦での問題勃発シーン

また、カタール情報省の担当者も、APPに対して、「冤罪」だと訴えている。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★