日本代表としてアジアカップに参戦中のMF佐野海舟。この冬に鹿島アントラーズから海外に移籍する可能性が浮上している。

ただ、『Bild』によれば、ブレーメンは佐野の獲得を断念したようだ。

地域からの財政支援を得たブレーメンは、佐野獲得の交渉を行ったものの、鹿島が要求する移籍金は彼らにとって高額すぎるものだったという。

鈴木優磨も…「欧州移籍が“電撃破談”した日本人たち」

ブレーメンのフランク・バウマンSDは、買取オプション付きのレンタル移籍が望ましいという補強方針を明言している(佐野のケースに限らず)。

鹿島にとっても安売りできる選手ではないが、この冬の欧州移籍が実現するのか注目される。

【厳選Qoly】炎が復活!日本代表、2024新ユニフォームを発表 「ヨウジヤマモト×adidas」のY-3と歴史的なコラボが実現