『FourFourTwo』は「アヤックスのオランダ代表MFリーシェトリー・バズールは、バルセロナに加入したいという夢を公言した」と報じた。

リーシェトリー・バズールは1996年生まれの19歳。PSVの下部組織出身であるが2012年にアヤックスへと移籍し、2014-15シーズンにデビューを果たしたMFである。

今季はチームの中心的な選手に成長し、オランダ代表にも選出され、ウェールズ戦では初キャップも獲得している。

ヤヤ・トゥレやパトリック・ヴィエラ、クラレンス・セードルフ、エドガー・ダーヴィッツなどとも比較されるスケールの大きなボランチとして知られ、ビッグクラブからの注目の的になっているという存在だ。

彼は『HELDEN』の取材に対して以下のように話し、自分はバルセロナに移籍することが夢だと明言した。

リーシェトリー・バズール

「2~3年のうちに、僕が夢見るクラブであるバルセロナに加入できることを願っているんだ。彼らのスタイルは僕に合っているよ。

僕はもっと得点数が必要だと分かっている。しかし、改善のための努力をしている。僕はもっとチームにとって重要な選手にならなきゃいけない。

究極的な夢は、5年程度でバルセロナの中心的な選手になることなんだ。そしてトロフィーを勝ち取りたい。

上手く行けば、その時までには僕の名前を誰もが知るだろう」