スペイン代表GK、イケル・カシージャスにMLS行きの噂が浮上した。

昨年の夏にレアル・マドリーを退団し、FCポルトに移籍したカシージャス。そんなカシージャスの獲得をMLSのニューヨーク・シティFCが狙っていると『ESPN』が報じた。

報道によれば、ニューヨーク・シティFCはできるだけ早く欧州を離れてアメリカに渡ってもらう可能性を模索しているとのこと。

ニューヨーク・シティFCにはスペイン代表で一緒に戦ったダビド・ビジャ、イタリア代表として活躍したアンドレア・ピルロ、そして元チェルシーでイングランド代表だったフランク・ランパードが在籍している。ここにカシージャスが加わるとすれば、非常に豪華な陣容といえる。

カシージャスはレアル・マドリー時代にリーガ・エスパニョーラを5度制覇。UEFAチャンピオンズリーグも3回優勝しており、500試合以上出場している。また、スペイン代表としてもEUROを2度制覇。2010年のワールドカップも制覇しており、メジャー大会3連覇に大きく貢献している。

ポルトとの契約は2017年の6月まで。もしかしたら契約を打ち切り、アメリカへ渡るかもしれない。