日本酒への造詣が深く自らシーンを盛り上げようと活動している元日本代表MF中田英寿。この度2月5日から2月14日のバレンタインまで「CRAFT SAKE WEEK」と称して六本木ヒルズアリーナでイベントが行われている。

編集部随一のグルメで代々木の味皇こと編集部Qが昨日行われた鏡開きに参戦してきたぞ!

鏡開きする中田英寿氏

この日は、「SHOCHU MAKER's」とし、小牧、百年の孤独、兼八、村尾など、中田氏が選んだ全国屈指のクオリティを誇る焼酎が楽しめる日となっていた。日替わりで毎日10の蔵元が登場、10日間で100のお店が登場するが全て中田氏が足を運んでセレクトした店だという。

鏡開きの様子


鏡開きに使われたお酒はその焼酎を6種類ブレンド、その場にいた全員に振る舞われた。中田氏は「全部混ぜてみようかな」という軽快な口調で語ったが、何とも複雑な味に仕上がっていた。

気になるシステムは、3500円でスターターキットを買うと、おちょこと1500円分のコインがついてくる。それを元に飲食を楽しみ、おちょこは持って帰れるというものだ。コインが足りない場合は、1500円6枚など追加コインを買うこともできる。

まず、私は、「㐂六 無濾過」をはちみつ金柑入りのお湯割りで、編集部Oはヴォルカ鹿児島繋がりでの「さつま島美人」をセレクトした。

焼酎の出店の様子

社会人が昼間からお酒飲んですみません…。

ここで、注目したいのが食べ物屋が合わせて出店されていることだ。

【次ページ】出店のセレクトが凄い