23日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのラウンド16、アーセナル対バルセロナ戦の1stレグ。

お互い慎重な立ち上がりであったが、試合が動いたのは71分。先制ゴールを奪ったのはやはりあの男だった。

エクトル・ベジェリンのクロスをジェラール・ピケがクリアし、これがバルセロナのカウンターに。

ネイマールがルイス・スアレスとの連携で左サイドを突破し、最後は中でフリーになっていたメッシが冷静にゴールを決めた。"MSN”による見事な連携だった。

メッシはこれまでアーセナル相手にハットトリックを記録するなど比較的相性が良かったが、ペトル・チェフとは過去に6度対戦して一度もゴールを奪ったことがなかった。

そうしたことからこのようなコラ画像も話題となっていたのだが、ついに546分目にしてチェフの守るゴールをこじ開けた。

貴重なアウェイゴールを奪ったバルセロナは、この直後にも追加点をあげる。

【次ページ】追加点を奪ったのは?