MLSのLAギャラクシーはポートランド・ティンバース戦に0-1で敗れ、開幕2連敗となってしまった。

この試合ではベルギー人DFイェレ・ファン・ダメが、31分・34分と立て続けにイエローカードを受けて前半のうちに退場となってしまった。

そんななか、ギャラクシーはこんな大作?力作?の動画をSNS上にアップしていた。

ファン・ダメが1枚目のイエローカードを受けたシーン。相手MFディエゴ・チャラを踏みつけたというジャッジに対する抗議でカードを提示されたのだが、実はまったく触れていなかったのだ。

というわけでギャラクシーはチャラのダイブをネタにした44秒にもなる壮大なコラージュ映像を作ったというわけ。

コロンビア人のチャラは決勝ゴールも決めており、ギャラクシーとしては憎しという思いも強かったのだろうが、ここまで力を入れるとは…。

試合後、バルドメロ・トレド主審は「(1枚目は)ファン・ダメの抗議に対して与えられた」などと説明している。