メキシコ1部リーグ第7節、本田圭佑が所属するパチューカは敵地でティフアナと対戦した。

パチューカは前半13分に退場者を出す展開。そんななか、本田は後半から投入されピッチに立った。

87分に勝ち越しを許したパチューカは後半アディショナルタイムのコーナーキックを本田が蹴ったのだが…。

パチューカは最後のチャンスに賭けて、GKまでゴール前に上げていた。だが、コーナーは弾かれ、ティフアナがカウンター発動!

ガラ空きのゴールにボールを蹴り込むだけだったのだが、1人で持ち込んだMFフアン・イトゥルベのシュートは枠外へ…。このミスショットには、サポーターも驚きを隠せず。そして、本人も信じられないといった様子だった。

だが、この直後に試合は終了。ティフアナが2-1で勝利する結果となった。

かつては「グアラニのメッシ」とも呼ばれたイトゥルベ。つい先日、ローマからのローンでティフアナに加わったばかりで、この日がデビュー戦だった。

だからこそパスではなく強引にでもシュートを狙ったのだろうか。試合後、本人は順応しなければと述べていたとか。