DRコンゴ代表

前回出場:1974年

伝説のモハメド・アリ対ジョージ・フォアマンやアントニオ猪木の入場曲「イノキ・ボンバイエ」、最近では中邑真輔の必殺技「キンシャサ」など、格闘技との所縁が深いDFコンゴ。

彼らは1960年にベルギーから独立すると、ザイールの名を使用していた1974年ワールドカップに初出場し、ブラジルやユーゴスラヴィアといった強豪と戦った。

それ以来、サッカーシーンでの目立った活躍はないが、近年は旧宗主国ベルギーからの帰化選手などを中心に強化を進めており、44年ぶりの出場を目指す今予選はチュニジアに次いでグループ2位につけている。

残り試合
vsリビア(A)
vsギニア(H)