『Mirror』は10日、「元フランス代表MFサミル・ナスリは、アーセナルからマンチェスター・シティに移籍したことについて語った」と報じた。

マルセイユから2008年にアーセナルへ加入し、2011年にマンチェスター・シティへと移籍したナスリ。

昨季はセビージャへと貸し出され、今季はトルコのアンタルヤスポルへと完全移籍している。

彼はアーセナルを離れたときのことについて以下のように話し、ヴェンゲル監督にはPSG移籍を勧められていたと明かした。

サミル・ナスリ

「アーセナルには良いファンがいるが、ハイベリーからエミレーツに移って以来、情熱的なものではない。

マンチェスター・シティのファンは本当に情熱的だ。我々がシティと対戦したときも、観客は驚くべきものだった」

(アーセナル時代、パリ・サンジェルマンからオファーがあった?)

「彼らは2度話に来た。レオナルド(当時PSGのSD)がアーセン・ヴェンゲル監督と話していた。

監督は僕にフランスに行ってほしかったんだ。マンチェスター・シティやマンチェスター・ユナイテッドに行って欲しくなかったからね。

しかし、僕はマンチェスター・シティかマンチェスター・ユナイテッドだけだった。

ローラン・ブランが監督を務めていたときもあったね。ヨアン・キャバイを獲った時だ。しかし、最終的にはシティとチャンピオンになった」