Jリーグがリリースした公式アプリ「Club J.LEAGUE」。

リーグ観戦をより便利にし、サポーター同士のつながりを創り出すことを目指しており、ユーザー数も順調に増加しているようだ。

そんな同アプリでは限定企画として、Jリーグ選手による2017シーズンの「マイベストチーム」を公開中。

実際にプレーする選手や監督の選考には話題が集まるところだが、(自チーム選手からは選出できないという条件で)鹿島アントラーズのMFレオ・シルバが選んだ11人はこのような顔ぶれとなった。

GK:中村 航輔(柏レイソル)
DF:エウシーニョ(川崎フロンターレ)
DF:中澤 佑二(横浜F・マリノス)
DF:槙野 智章(浦和レッズ)
DF:車屋 紳太郎(川崎フロンターレ)
MF:中村 憲剛(川崎フロンターレ)
MF:ソウザ(セレッソ大阪)
MF:清武 弘嗣(セレッソ大阪)
MF:家長 昭博(川崎フロンターレ)
FW:杉本 健勇(セレッソ大阪)
FW:小林 悠(川崎フロンターレ)

「J最強ボランチ」との呼び声は高く、今企画でも様々な選手からベストイレブンに選出されたレオ・シルバだが、彼が同ポジションでピックアップしたのはセレッソ大阪のソウザ。

「守備能力が非常に高い点と、奪ったボールの展開力。組み立ても非常に優れていて、決定力もある」という評価を行った。