現役時代はインテルや西ドイツ代表などで活躍し、現在ブルガリア代表監督を務めるローター・マテウスだが、50歳を迎えたそのスタイルは変わっていないようだ。

CLバイエルン対インテル戦、セカンド・レグの解説者としてカタールの衛星テレビ局アルジャジーラに招かれたマテウス。だが、アルジャジーラ側がドイツ語の通訳を用意していなかったことで、試合10分前になって急遽出演がキャンセルされたことに憤激したらしい・・・。

(筆:Qoly編集部 I)