先日凄いゴールを決めたバルセロナの女子選手について、あのジェラール・ピケが絶賛したことが話題になった。

そんななか、別のバルサ女子選手が素晴らしいゴールを決めていた。UEFA女子チャンピオンズリーグでの対トゥウェンテ戦で…。

ボックス内での巧みなトラップからシャペウで相手DFをかわしてボレー!

なんとも美しい個人技でゴールを陥れたのは、ジェニフェル(ジェニファー)・エルモソ。バルサ女子とスペイン女子代表で10番を背負う26歳のMFだ。

『mundodeportivo』によれば、メッシ顔負けとも言える完璧なプレーを見せた彼女について、バルサ女子のチャビ・ジョレンス監督も「ジェニフェルは多才」と絶賛していたそう。

試合もトゥウェンテを枠内シュートゼロに抑え込んだバルサ女子が1-0で勝利。2ndレグの結果でどちらが準々決勝に進めるかが決まる。