クラブW杯のためにもうすぐ日本にやってくるレアル・マドリー。

来日前最後の試合となるデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦はまさかの展開となった。

ロナウド、ベンゼマ、モドリッチらを温存したものの、後半にアルバロ・モラタのゴールで先制。だが、その後に元マドリーFWホセルに2点を奪われまさかの逆転を許す。

このまま敗戦かと思われたが、84分にマリアーノ・ディアスが同点弾。そして、後半アディショナルタイムにセルヒオ・ラモスが劇的な逆転ゴールを叩き込んだのだ。

ゴールハイライトで見てみよう。

Soccerwayでスコア経過を見てみるとこんな感じ。

エル・クラシコに続きヒーローになったのは頼りになる男ラモス。これでマドリーは無敗記録を35試合に伸ばして来日することになった。

試合後、ラモスは「信念と情熱を持って最後の最後まで戦う。そうすれば最後には成就するんだ!」と述べていたそう。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら