アントニー・モデスト(天津权健)

アントニー・モデスト

大迫の元相棒。フランスでゴールを量産後、2012年にはブラックバーンへ移籍してプレミアリーグに参戦するも不発に終わる。

だが、その後見事に復活し、ブンデスリーガで最も脅威なFWのひとりになった。ケルンでのラスト2シーズンでは68試合40ゴールをマーク。天津权健への移籍はローンだが、買い取り(義務?)オプションが付随している。

29歳とキャリアのピークにあるが、中国でのプレーでは自らがどこまでの高みに到達できるかを見定めることはできないだろう。

彼はまだ欧州でのビッグタイトルを勝ち取ったことがない。中国でゴールを量産しており、夏には(欧州に戻る)チャンスがあるはずだ。