『Daily Mail』は18日、「元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスは、リオネル・メッシに代表引退しないよう勧めた」と報じた。

今回のワールドカップでベスト16で敗退したアルゼンチン。中心的な存在であったメッシは31歳となっており、今回で代表引退するのではないかと言われている。

テベスは以下のように話し、メッシは今とにかく休んで、その後プロジェクト自体について考えるべきだと語った。

カルロス・テベス リオネル・メッシ
カルロス・テベス

「レオ(リオネル・メッシ)は、自分自身のことを考えなければならないよ。

彼はこう考えなければならない。もし提示されたプロジェクトが納得できないものならば、チャンピオンを目指すのはとても難しいことだと。