『Indeendent』は14日、「トッテナム・ホットスパーのベルギー代表MFムサ・デンベレは、香港でメディカルチェックを受けている」と報じた。

トッテナムとの契約が今季限りで満了になるムサ・デンベレは、昨年夏から中国への移籍を模索していると言われていた。

31歳の彼は継続的な怪我に悩まされていることもあり、よりプレッシャーが少ない中国でプレーすることでキャリアを改善させたいと考えているとも。

また、もちろん経済的な条件についてもトッテナムよりかなり大きな額が提示されているという。

そして現在ムサ・デンベレは香港を訪れてメディカルチェックを受けているとされ、中国への移籍がほぼ決定したと伝えられた。

ところが、どうやら移籍先となるクラブはこれまでの報道と違うかもしれない。

『Independent』を含めて多くのメディアは北京国安であると伝えていたが、メディカルチェックが香港で行われていることもあってか、『Sky』は広州富力であると報告している。

デンベレが加入するのはどちらのクラブになるのだろうか…。